小型ワイヤレス脳波計

ニューロテクノロジにおける最新の研究成果に基づき、Emotivは人間とコンピュータが対話できる革新的な新しいパーソナル・インターフェースを開発しました。Emotiv EPOCは、高解像度で、脳信号を収集・処理するワイヤレスのヘッドセットです。プレイヤーの考え・感じたことや表現などを、脳が検出することにより発生した電気信号を、一連のセンサで集め、そしてワイヤレスでPCへと送ります。


 

EEGアプリケーション開発キット

脳波を検出する無線ヘッドセット(EEGセンサー)とそれと連動する脳波アプリケーション開発キットを提供しています。Emotiv社の提供するAPIを使用すると簡単に開発が可能となります。開発キットはライセンス制なっています。開発キットの種類には以下のものがあります。

■ EEG 基本セット

本セットには脳波計1セットと14チャンネルの脳波を外部へ取り出すためのファームウェアが装備されています。
また、本基本セットのみでは14チャンネルの脳波の表示・保存・再生などはできません。
それらの機能が必要な場合は、次のPureEEGソフトウェア・ライセンスを購入する必要があります。
 

■ PureEEGソフトウェア

14チャンネルの脳波の表示・保存・再生、FFT表示などを行うソフトウェアです。次の機能を有しています。
 
・ローEEGデータ、(電極の)接触品質、FFT、ジャイロ、無線通信パケットのロス、マーカー・イベント。
 そしてバッテリ・レベルのリアルタイム表示。
・EEGLABフォーマット1でのデータ保存(*)と再生。
・csvフォーマットへ変換するコマンドライン・ファイル変換機能。
・マーカーの定義とデータ・ストリームへの挿入機能。
・マーカーはEEGデータファイルへ保存。
・マーカー定義の保存と再ロード
・スクリーンショットの出力
 
また、EEGディスプレイには次の機能があります 
・5秒間のローリング・データ表示
・全部もしくは選択されたチャンネルの表示
 
 *データを保存するには、一時メーカーのサーバーとオンラインにしなければなりません。
  アップロードされた脳波データはダウンロードして手元に保存できます。
 

■ PureEEGライセンス形態

Pure・EEGソフトウェアはサブスクリプション形式の契約であり、1ヶ月または1年単位での契約となります。
また、月間でアップロードできる数量も3種類用意しています。
お客様の実験計画に合わせて、以下の6種類の形態より選択ができます。
 
 ・50レコーディング/月(1ヶ月間)
 ・100レコーディング/月(1ヶ月間)
 ・250レコーディング/月(1ヶ月間)
 ・50レコーディング/月(1年間)
 ・100レコーディング/月(1年間)
 ・250レコーディング/月(1年間)
 

■ SDK Premium

お客様ご自身でアプリケーション・ソフトウェアを開発される場合、本SDKが必要となります。
本SDKに関しましては、お客様ご自身でメーカーへ発注いただきます。
 

Q&A

  1. センサーの装着の際に導電材(ジェル等)は必要ですか?
  2. カタログでは毛髪の上から装着して計測しているようですが、問題はおきないですか?
このページの内容で不明な点がありましたらご質問をお寄せください。
  1. センサーの装着の際に導電材(ジェル等)は必要ですか?

    必要です。ジェルではなくて、付属の液(生理食塩水)を電極フェルトにつけての使用となります。ジェルに比べて扱いやすく、べたべたする感じが少なくなっています。

  2. カタログでは毛髪の上から装着して計測しているようですが、問題はおきないですか?

    電極は頭皮に接触する必要があります。毛髪で電極が浮かないように装着する必要があります。それぞれの電極がうまく装着されて頭皮にちゃんと接触(導電)しているかどうかをコンピュータ画面上で確認でき、装着で発生する接触問題を簡単に解決できるように設計されています。